【2015年総まとめ】フリーキャリア業界で盛り上がったニュースBEST10

2015年も、残りあと僅か!どのような出来事があったのか振り返ってみましょう。

フリーキャリア業界で盛り上がったニュースBEST10


2015年、フリーキャリア業界で盛り上がったニュースを
フリーキャリア総研代表小野の独断でまとめました!
ストックフォト「ピクスタ」の上場や、ハンドメイドのリアルイベントなどなど。
特に動きが大きかったのは、今注目度が高いクラウドソーシングでした!

1. 【広告配信】Youtuberの広告CM放映により、注目度アップ!

  テスト

 2015年最もフリーキャリア業界で盛り上がった出来事、第1位は「YouTuber」への注目が集まったことです。昨年暮れからYouTuberのCMが公開され、急激に認知度を上げました。YouTubeには動画コンテンツを収益化できる「YouTubeパートナープログラム」があります。動画の冒頭や再生中に表示される広告のクリック回数や再生回数に応じて収益を得ることができることから、それらを目的として動画をアップしている人たちをYouTuberと呼ばれています。

 YouTubeパートナープログラムは2008年に審査制としてスタートし、2012年より一般ユーザー向けにも開放されました。ガイドラインを遵守すれば誰でもYouTuberになれることから各メディアでも多く取り上げられ、今年フリーキャリア業界で1番話題になったのではないでしょうか。さらに9月にはYouTuberスクールも開講し、まだまだ目が離せません!

関連記事:YouTubeが仕事!?YouTube上で活躍している日本国内のおすすめYouTuberまとめ

2. 【クラウドソーシング】業界標準を目指す技能検定が登場!

  テスト

 クラウドソーシング業界が盛り上がるなか、業界標準を目指すために一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会(CAPJ)がクラウドソーシングの技能検定をスタートさせました。第一弾目は9月に「Webライティング技能検定」が実施されました。応募人数や合格率が発表されていないため、どの程度の効果があるか推測は難しいですが、スキルを「見える化」することでクラウドワーカーの自信に繋がり、発注する企業側にも安心して仕事を依頼できる取組みになっていると言えます。今後のクラウドソーシング業界の発展に大きな影響を与える存在となりそうです。

関連記事:クラウドソーシングに技能検定が登場!業界標準を目指す4社に聞く

3. 【スキル販売】LINEスタンプのクリエイター報酬率が50%から35%へ変更!

  テスト

 2015年2月、LINEのスタンプを制作・販売できる「LINE Creators Marke」において、クリエイターへの売り上げ分配額が50%から35%に変更されました。LINEスタンプ制作に、注目が集まっていた中での発表だったので驚いた人も多いのではないでしょうか。

 一方で、最低支払金額が10,000円から1,000円に引き下げられたので、収益が手元に届きやすくなりました。さらにLINEスタンプから人気になったクリエイターのグッズ化やコラボ商品を支援する「LINE Creators Manegement」がスタートし、個人が活躍しやすい環境が進んでいます。

関連記事:スタンプの審査・販売状況改善に向けた今後の当社の取り組みおよび制度変更について

4. 【ハンドメイド販売】各社リアルイベントを盛んに開催!

  テスト

 ハンドメイド販売業界で各社リアルイベントを開催していたことが印象的でした。「WEEKEND BASE」と題して東京の街とコラボレーションをしたショップ販売を展開したBASEや、全国各地で数多くのイベントを実施しているminne、ショッピングモール内でテナントを設けているCreemaなど。ネットだけではなくリアルなイベントを通して、実物を見て購入できることで、ファンを獲得し市場が大きくなっていることが伺えます。

 筆者もリアルイベントを通してハンドメイド作品を購入したことがあります。個人だからこそ作れる作品やオリジナル性溢れるデザインは「ここでしか買えない!」という意欲を駆り立てられました。女性の新しい働き方としても今後の市場動向が気になるサービスです。

関連記事:WEEKEND BASE

5. 【ストックフォト】ピクスタ上場により認知度アップ!

  テスト

 ストックフォトサービスの大手「PIXTA」が9月に株式上場しました。これまでも「ストックフォト」の認知はありましたが、上場をきっかけにメディア露出が増えさらに認知が加速した印象です。また企業のオウンドメディア化が増えたことをきっかけにストックフォトの需要が高まっていることが伺えます。

 ただ米国発ストックフォトの「シャッターストック」が日本に上陸し、海外勢の勢いも加速しています。筆者としては、日本らしさを武器に「PIXTA」は加速していってもらいたいなと、思います。来年も目が離せません!

関連記事:デジタル素材のマーケットプレイスを展開するピクスタがマザーズ上場へ

6. 【クラウドソーシング】クラウドワークスがタスク形式案件の無料化!

  テスト

 クラウドソーシングサービスを提供している「クラウドワークス」が、タスク形式案件における手数料の無料化を10月からスタートさせました。これまでクラウドソーシングを利用する際は、20%の手数料が引かれた金額を報酬として、ユーザーへ支払われていました。手数料が無くなったことで、これまで利用していたユーザーは活用しやすくなり、これまで躊躇していた人たちも「利用してみよう」と思った人も多いのではないでしょうか。

 今回はタスク形式案件のみの取組みですが、いずれプロジェクト形式やコンペ形式の案件に対しても無料化を採用していくのでは、と考えられます。クラウドソーシングは、フリーキャリア業界の中でも2番目に人口が多いサービスなだけに、多くの人の働き方に変化をもたらしていくことでしょう。

関連記事:クラウドワークスがタスク形式の手数料を無料化、ビジネスモデルを大幅転換へ

7. 【フリマアプリ】メルカリ匿名配送サービス開始!

  テスト

 フリマアプリサービスを提供している「メルカリ」が、匿名配送サービスを9月にスタートさせました。これまでは出品者と購入者のお互いが氏名や住所が必要でしたが、「匿名配送機能」により、お互いの情報を伏せて取引できるようになりました。CtoCサービスである不安を払拭し、安心して取引できるようになった点が多くのユーザーにも共感を得たのではないでしょうか。

 筆者の知人(20代女性)も利用している人が多く、個人のSNSでも「匿名配送機能」についてコメントしている人も居たので、印象的な出来事でした。現状は一部対象者のみの利用のため、試験運用から本運用への展開を期待しています。

関連記事:メルカリ、匿名配送サービスを開始 ー お互いの氏名や住所を伝えずに取引が可能に

8. 【クラウドソーシング】特化型クラウドソーシングが続々誕生!

  テスト

 近年フリーキャリア業界で一番盛り上がっているクラウドソーシング。大手では「ランサーズ」や「クラウドワークス」がありますが、今年は特化型のクラウドソーシングサービスが多数リリースされました。

 2月に縫製をマッチングする「nutte」、税理士に特化した「TRUSTAX(トラスタックス)」、3月に住宅系職人を専門としたクラウドソーシング「職人館」、モノづくりに特化した「TSUKURITTE(ツクリッテ)」、12月に営業マンと企業をマッチングする「エイギョーマン」など、この分野もクラウドソーシングにするのか!という程、幅広いジャンルが多く印象的でした。特技やスキルを持っている個人は、新しい機会が増え挑戦しやすい環境になりつつあります。新しくリリースされたサービスは個人の活躍の場としてサービス運営をし続けてて欲しいなと思います。

関連記事:職人が適切な所得を得られるように——縫製マッチングプラットフォーム「nutte」の挑戦

9. 【その他】2015年10月にマイナンバー通知スタート!

  テスト

 2015年10月にマイナンバーの番号通知がスタートし、この頃はマイナンバーに関するニュースが多くのメディアで取り上げられていました。どの情報が正しいのか、自分はどのような対応をすれば良いのか、と考えたフリーキャリストも多いことと思います。

 フリーキャリストの対応に関しては、以下の記事にまとめております。サービスについて対応方法が違うため、利用しているサービスを改めて確認してみましょう。もしサービス側から何も発表がない場合は、対応が不必要な場合と方針自体固まっていない場合があります。マイナンバーの記載は2016年度分の確定申告時期(2017年2~3月)に必要になりますので、それまでに確認をしておくと良いでしょう。

関連記事:フリーキャリア活動を副業で行っている人向け資料

10. 【アフィリエイト】アフィリエイターと広告の自動マッチング!

  テスト

 アフィリエイトサービスを提供している「もしもアフィリエイト」が、アフィリエイター向けに適した広告を自動でマッチング提案する機能を9月にスタートしました。会員が登録しているサイトをもとに独自のアルゴリズムを介して、適切な広告を抽出してくれるので、新しい広告を探す手間を防ぐことができます。検索では見つけられなかった広告を自動マッチングされるので、アフィリエイターにとっては助かる機能です。

 アフィリエイト業界は年々成長している企業が多く、各ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の特色も強く出てきています。また日本アフィリエイト協議会が健全なサービス発展のために活動していることが伺え、今後も市場拡大していくことが期待できます。

関連記事:もしもアフィリエイト、広告の自動マッチングを開始

おまけ【2016年狙い目】収益あがりそうな具体的な手法紹介!

2016年フリーキャリア業界で収益があがりそうな手法を紹介します!需要を予測し誰よりも先に行動することが鍵です!

  テスト

【クラウドソーシング】翻訳

  2015年10月時点で訪日外国人旅行者数は1631万人を超え、昨年の過去最高人数である1341万人を更新しました。政府や自治体は訪日外国人をさらに増やそうと様々な施策を検討しています。そこで2016年、各企業や飲食店などはサイト上にて英語案内を追加するところが増えることが予想できます。英語が得意な人はクラウドソーシングを利用して翻訳の仕事をしてみると良いでしょう。

【アフィリエイト】生誕周年が多数

  2016年は、ウルトラシリーズ50周年やポケットモンスターシリーズ20周年、ディズニーシー15周年、たまごっち20周年など、生誕周年が多数あります。生誕周年の前後にはメディアでの露出が増え、需要が高まる傾向がありますので、当時発売された商品を紹介する記事を作成すると良いでしょう。

・【ストックフォト】北海道新幹線

  2016年3月に北海道新幹線が開通します。北陸新幹線が開通した時と同様に、開通後は北海道への旅行客が増えたり、メディアに取り上げられることが予想されます。北海道の写真は訪日外国人からも人気が高いので、北海道を象徴するような写真は人気が高まるでしょう。

【ドロップシッピング】ハロウィンコスプレ

  2015年異常な盛り上がりをみせたハロウィン。経済効果はバレンタインを超えとも言われイベントとして定着をしました。ハロウィンコスプレはネット通販での売れ行きが高く、様々な種類の中から自分のお気に入りの一着を探すことができます。ドロップシッピングでもハロウィンコスプレの売り上げは年々増加しています。独自の切り口を見つけてネットショップを開設すると良いでしょう。

【ハンドメイド販売】インスタグラム

  既にハンドメイド販売を利用している人には知られている手法ですが、意外とまだ実践していない人も多く穴場なインスタグラムでの販売。ハッシュタグを活用することと、商品だけではなく「ブランドの世界観」を伝えることが売上に繋がる打ち手になります。投稿内にはリンクは表示されないので、プロフィールページにサイトURLを記載すると良いでしょう。

まとめ

フリーキャリアの可能性の広がりと、課題解決を

「インターネット元年」と呼ばれた95年から20年が経った今年。
ネット情報収集をするだけのツールから働き方にも広がり、2015年はフリーキャリア元年と言えます!
様々なサービスの認知が広がると共に、新しいサービスが生まれたりと2015年は色んな出来事がありました。
現在フリーキャリストはのべ860万人いますが、1つ1つのサービスにまだ多くの課題があります。
それらを解決していくことで、ネットで収益をあげる働き方「フリーキャリア」の価値が高まり、 一人一人が働きやすい環境になることを願います! 2016年も、目標に向かって走っていきましょう!!2015年、大変お世話になりました。


writing by フリーキャリア総研代表 小野

利用条件

・こちらのデータを転載する際には、情報の出典元として“フリーキャリア総研調べ”と明記をお願い申し上げます。
・出典元として以下のURLへのリンクを設置してください。
http://free-career.com/

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合わせはこちらまで
株式会社もしも 「フリーキャリア総合研究所」 担当広報 : 小野
TEL:03-6911-4154  FAX:03-6911-4151  e-mail:pr@moshimo.com